top of page

魚と水生生物の共生関係 - 海底の不思議な連帯




1:

海底には魚と水生生物が奇妙な共生関係を築いています。例えば、クリーニングフィッシュとして知られるクリーナーラスは、他の魚の寄生虫や死んだ皮膚を食べ、その対価として安全に清掃してもらいます。これは水中の相互扶助の光景です。


2:

一方で、タランチュラゴビーとシャコゴビーという魚は、共同で穴に住んでいます。タランチュラゴビーは巣穴の番人であり、シャコゴビーは魚たちを守りながら巣穴から外に出て餌を探します。協力の結果、両者の生存確率が高まります。


3:

さらに、モロクジョウダイという大型の魚は、クレープと呼ばれる小さな魚の群れを仲間にし、獲物を囲む戦略をとります。これは協力の例であり、魚たちが集結して食事をする際に圧倒的な優位性を持っています。


4:

水中の珊瑚礁には、ネモフィッシュとアネモネの共生関係が見られます。ネモフィッシュはアネモネの中に巣を作り、アネモネを守りながら、アネモネの毒に耐性を持っています。この共生関係は美しい珊瑚礁生態系の一部です。


5:

ダイビング初心者にとって、これらの共生関係を観察することは驚きと学びの絶好の機会です。海の底で展開される不思議な連帯の姿は、海洋の生命の複雑さと美しさを実感させてくれます。



 

★ショート・ロングツアー、プール講習のご予約随時お待ちしております。

★「ダイビング始めたいけど、自分に出来るかな?どんなことするのかな?」「数年ぶりに潜るけど、ブランクが気になる」等、お話だけでも構いませんので、是非とも気軽にご来店ください!!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

Kommentare


bottom of page