top of page

本日の独り言



GWも2日目に突入しあちらこちらで車の渋滞している光景を目にします。

明日から5月スタートという事で、5月病という言葉をよく聞きますが、皆さんは大丈夫ですか?ここ最近気温差が大きい日々が続いておりますので、お体にお気を付けください。


海なし山梨県が、アワビ消費量日本一の不思議?

その理由は、甲府名物「煮貝」の原料にアワビを用いるからです。

「煮貝」とはアワビを生醤油で処理した一種の保存食です。

では、なぜ、海のない山梨県で、海産物のアワビの加工品が作られるようになったのでしょうか?その由来が2つあるそうです。

1つは戦国時代、甲斐の国の武将、武田信玄がアワビを大変気に入っており、何とかして甲斐の国に持ち帰りたいと思い、塩漬けにして持ち帰ったところ、ことのほか芳醇な風味になったという説。

もう1つは、江戸時代の知恵のある商人の発案ともいうそうです。

海なしの甲斐の国は、海産に恵まれない。中でも駿河屋のアワビは珍味。甲斐でも食べたい、食べたい何とかして食べさせたいと念じつつも、生のアワビは運ぶのに無理と知り、醤油樽に漬けこんで運んだそうです。ところが意外なことにアワビが醤油になじみ、これが旨いのなんの、瞬く間に広がり名産となるまでになったという説です。







0 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page