top of page

**スキューバータンクの歴史**

気温27℃ 水温1,2m:28℃  3,0m:29℃






**1: スキューバータンクの初期**

スキューバータンクの歴史は、18世紀の初めに遡ります。初期の試みでは、空気供給が一過性で、タンクのデザインも未熟でした。しかし、その後の改良により、現代のスキューバータンクが発展しました。


**2: クーゾーとゴベアの発明**

20世紀初頭、フランス人のエミール・クーゾーとオーギュスト・ゴベアが、初めて実用的なスキューバータンクを開発しました。この発明により、ダイバーはより長い時間を水中で過ごすことができるようになりました。


**3: タンクの材質とデザインの進化**

スキューバータンクの材質は鋼からアルミニウムへと進化し、軽量で耐久性が向上しました。また、デザインも改良され、現代のタンクはエア供給の効率を高め、安全性を向上させています。


**4: タンクのサイズと容量**

スキューバータンクはさまざまなサイズと容量で利用されています。初心者からプロのダイバーまで、目的に合ったタンクを選ぶことができます。これにより、水中での冒険が可能になります。


**5: ダイビングの未来とスキューバータンク**

スキューバータンクはダイビングの不可欠な部分であり、今後もテクノロジーの進化と共に発展し続けるでしょう。未来のダイバーたちにとって、より効率的で持続可能なダイビング体験を提供する役割を果たすことでしょう。







 


★ショート・ロングツアー、プール講習のご予約随時お待ちしております。

★「ダイビング始めたいけど、自分に出来るかな?どんなことするのかな?」「数年ぶりに潜るけど、ブランクが気になる」等、お話だけでも構いませんので、是非とも気軽にご来店ください!!

1 view0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page